第4CPコアタイムとは?

アメリカ横断ウルトラクイズと昔の高校生クイズが好きな管理人が気ままに書き綴るブログです。
Answer×Answer Live!は糸目君、QMAはラスク使い。
好きなクイズ番組はQさま!
ブログではあまり音楽の話題を取り上げませんが、
PAX JAPONICA GROOVEさんとNegiccoのファン。Cargoさん、Kentaro Takizawaさん、Ryoheiさんの曲もよく聴きます。
2014年11月にOCN(ブログ人)から移転しました。

点取り占いブログパーツ
バックナンバー

Archive for the ‘思い出話’ Category

マンオブシニアの感想 その1(2016/01/03)

早くも2016年も3日になりました。
明日1/4からお仕事の方も多いのではないでしょうか。(僕もそうです)

でわでわ昨年12/26に行われたマンオブ・ザ・シニア2015の感想です。
ツイッターでもつぶやきましたが「夢のような一日」と表現する位の日でした。
今回は友人ねおかずさん、Yaneurebeyaニコ生でもご一緒させていただいている いけがわさんと観戦しました。
※メモを取っていないので、記憶違いがあるかと思いますがご了承ください。

会場の東京ウィメンズプラザの下りエスカレーターを降りると、既に参加者及び
観覧者の並ぶ列がズラリ。観覧側に並ぶと、すぐ横の参加者の列に見覚えの
あるお顔が!第12回ウルトラ優勝の瀬間さんや第13回の田川さんなど
ウルトラの錚々(そうそう)たるメンバーが!

驚きはこれだけでは終わりません。OPENして受付が始まると、
入口には長戸勇人さんが観覧者を迎えているではありませんか!!
そうです、あの第13回アメリカ横断ウルトラクイズ優勝の長戸さんです。
(緊張して目を合わせられなかった^^;)
あと、ねおかずさんのニコ生によると、受付していた方の1人が第13回
ウルトラ・メンフィスまで行った木村さんだったそうで、緊張していた私は
気づきませんでしたorz
それにしても粋な演出(?)ですね!

ちなみに受付時にもらったマンオブのパンフレットがこちら

マンオブザシニア2015パンフレット カラー印刷で、いわゆるちゃんとしたパンフレット。(←他に表現ないのか)

ねおかずさんと結構金掛かってるんじゃないかという話になったり。

※中を開くと、出場者一覧で101名のお名前、出身大学、主な戦歴(クイズ番組や大会)がズラリ。

 

マンオブザシニア2015パンフレット裏 小倉淳さんのプロフィール。
「アメリカ横断ウルトラクイズ海外レポーター」の一文にウルトラファンは惹かれます。そして発起人には秋利さん、長戸さん、
大会スタッフにも田中健一さん、矢野さん、日高さんなど有名クイズ作家の方々が。

会場が開かれ、整理券順に入場。一般観覧は2階席でした。
なんと会場に流れるBGMが「Magic bird of Fire」!!
ウルトラのルート紹介の曲に(;´Д`)ハァハァ
その他、「おまちどうさま!」の映画スケートボードの曲や、
ウルトラ提供スポンサー紹介時の曲など、ウルトラマニアはニヤリ^^;

会場の照明が暗くなり大会スタート。発起人の相原さん?の開会宣言に続き
司会の小倉淳さん登場!私にとっては、2003年頃のシオドメ横断ウルトラ
クイズで司会をされていた時以来の生の小倉淳さんでした。
(またクイズイベントでお目に掛かれて嬉しいです)

その小倉さんから1回戦のクイズが発表。
第1Rは100問ペーパークイズ!
制限時間は15分(1問あたり9秒)。すべて3択クイズ、1問1点、計100点満点。

マンオブザシニア2015ペーパークイズ 観覧者にも同じペーパークイズの問題が配られ、参加者と同じような感じでクイズを解くことができました。

ちなみにクイズ中にも機内400問ペーパーのBGM(OSE「ADONIA」)が流れるなど、ウルトラ感アップ^^

小倉さんは実際には機内ペーパーで音楽は流れてないとおっしゃってましたが^^;

100問ペーパークイズの最後には、近似値クイズ2問が出題され、
同じ得点で並んだ場合、近似値クイズで近い答えを出した人が勝ち抜け。
思わずナナマルサンバツで見た近似値クイズだーと思ったり。(そっちか)

ペーパーから3問だけピックアップ

1 毎年「マン・オブ・ザ・イヤー(※1999年~はパーソン・オブ・ザ・イヤー)」を発表しているアメリカのニュース雑誌は?
①「タイム」 ②「ライフ」 ③「ニューズウィーク」
正解(←クリック)
.
35 サッカーの応援歌にもなっている『凱旋行進曲』が有名なヴェルディ
作曲のオペラは?
①『アイーダ』 ②『ナブッコ』 ③『リゴレット』
正解(←クリック)
.
85 次のうち、沖縄県の伝統的なお茶は?
①ばたばた茶 ②ぶくぶく茶 ③ぼてぼて茶
正解(←クリック)

15分のペーパークイズ終了。
このタイミングだったか忘れたのですが、小倉さんが田川さんや永田さん
秋利さん、長戸さんと第13回ボルチモアメンバーにインタビュー。
ファミ劇の丸秘証言集で小倉さんと再会しているメンバーだけあって
やはりこのメンバーにマイクを向けてきたなと^^

ここで1時間ほどの休憩タイム。外に出て昼食を取ったのち、
ウィメンズプラザ近くのテーブルで休んでいると・・・。
隣にあの方が(つづく)

次:マンオブシニアの感想 その2(2016/01/11)


UQ18さん的ミュージックポートレイト(後編)

「自分の人生で大切な音楽を10曲選ぶとしたら?」

NHKのミュージックポートレイトに触発されて(?)
10曲を選んでみるこのコーナー。後編です。

前回:UQ18さん的ミュージックポートレイト(前編)

実はリストに入れ忘れていた曲があって、急きょ5番の曲を追加しました。
曲の番号も振り直してます。
リストから弾き出された曲は最後にお知らせします。
(曲名/アーティスト名:リリース年)

5:SWEET MAGIC/ZIGGY:1992
懐かしのロックバンドZIGGY。
世間的にはドラマ「同・級・生」の主題歌「GLORIA」が有名だと思います。
「SWEET MAGIC」は1992年の「YELLOW POP」の1曲目に収録されているアルバム曲です。

当時、ZIGGYの大ファンだった兄の影響で、気が付けばZIGGYを好むように。
兄はハードな曲が好きだったようですが、僕はこのSWEET MAGICが一番好きです。

これがYoutubeにあったなんて!!
ZIGGY 「SWEET MAGIC(Like a PV)」

上の動画は、ビデオ「COME ON EVERYBODY」の冒頭に収録されていたもので、ZIGGYのツアー?にカメラが付いて行って撮影しているもので、結構お気に入りです。
まさか、ようつべにアップされてるとは!
(20年前の曲だけど、今聴いても歌が上手い・・・。)

後、地元の学習塾の協賛でライブが開催※されたのですが、
森重さんが沖縄に来ると聞いて、兄と従兄弟(ZIGGY興味なし)の3人で観に行ったのは良い思い出です。あの時は部活を休んで観に行ったなあ。

※1995年、那覇市民会館でのライブ。
このライブの最後がCRIPTONという新人のバンドで、
Lady Revolutionという曲が森重さんの作曲だったのを覚えている。
(このライブのTVCMでもLady Revolutionが流れていました。)
別の曲だけどスズキのCMもいい感じだったのに売れなかったなぁ。

話が脱線しましたけど、僕の中では名曲ですね。

6:ね!/SNK新世界楽曲雑技団:1994
前回書いたので省略^^;

7:Bland new season/Favorite Blue:1997
Favorite Blue(以下FB)は松崎麻矢さんと木村貴志さん2人組のユニット。
96年から2000年まで活動していました。

これまでは兄や姉に影響されて曲を好きになる事が多かったのですが、
誰にも影響される事無く、自分の意思で好きになった初めてのアーティスト。
FBとしてリリースされたもの(シングル・アルバム・PV集ビデオ・DVD・アナログ盤)は全て購入する程のファンでした。
ちなみに自分のお小遣いで初めて買ったシングルも、FBの「close my love」(CDTVエンディング曲)です。

その位、応援していたFBなのですが、同時期にデビューしたEvery little thing(ELT)が順調にブレイクするのに対し、FBはアルバムが売れるもののシングルの売り上げがパッとせず、何故だろうと首を傾げたものでした。
(FBは1st、2ndアルバムの2作がオリコン1位)

98年頃、麻矢さんが、ともさかりえさんのラジオに出演した時、
麻矢さんが確か「シングルが売れてない」と発言した事があって、
それを聞いてた僕は「うわー!本人も気づいてる!!」と焦ったものです。
(ともさかさんは「そんな事ないですよー!」とフォローしてましたが。)
あの一言で僕のFBファン熱に火が付いたのかもしれません・・・。

それはさておき、「Bland new season」は旅立ちにピッタリの曲です。
僕が上京する際、那覇空港へ向かう車の中で、この曲をかけました。
忘れられない曲の1つです。

おまけ
Favorite Blue-Active, My Dream
この曲の麻矢さん、現在でも通用する美人だと思うのですが、
なんと16年前(1996年)の曲です。
比較対象が分かりにくくて申し訳ないのですが、今世紀最後!アメリカ横断ウルトラクイズ(1998年)のウルトラガールズを見ると、ちょっと化粧が古いというか、昔の美人という印象を受けるのですが、Active,My Dreamの麻矢さんは別格。古さを感じさせません。
10年後にPVを見直しても通用する美人だと思います。

8:Hands/m-flo:2000
m-flo / Hands

イントロのピアノが印象に残る曲。
m-floの中でもベスト3に入る好きな曲です。

この曲は、仕事で取引先の会社へ伺う際に乗った飛行機で初めて聴きました(機内のオーディオチャンネル)。
実はこの時、家に名刺を忘れてしまうハプニングがあった。
(社長にはボロクソに怒られましたねー。)
結局、取引先へ訪問した際に名刺が無くても問題は無く、事なきを得ました。
「Hands」を聞いたのは、帰りの機内。
あの時の失敗のホロ苦さを和らげてくれました。

おまけ
m-flo loves melody. & Ryohei / miss you
これまでYoutubeで数多くのPVを観てきましたが、
ベスト3に入るPV。☆5つです。
(歌詞に「2013style」ってありますが、リリースは2003年。
あれから9年経つのね。)

9:PLANET☆ROCK/move:2001
PLANET☆ROCK

流れた君のナミダは 慌てるくらい綺麗で
この星グラリ揺るがす 何かを秘めてる

PLANET☆ROCK冒頭の歌詞ですが美しいですね。
さらわれたお姫様を取りかえしに行こう!的な(?)世界観で、
紆余曲折を経て、最後はハッピーエンドで締めくくる。
この世界観が大好きです。
木村さんが作るメロディーも最高、ボーカルのYURIさんの歌にも魅かれるものがあります。

moveが深夜にオンエアしていたラジオで初めて聴いたのですが、
衝撃を受けた。というか鳥肌が立った。本当に。
深夜なのに録音したテープを巻き戻して何十回と聞きましたね。
(鳥肌が立つ曲なんて、もう出ないだろうな・・・。)

この曲はアルバム曲なので、残念ながらPVが存在しません。
僕が当時学生で時間があって、動画編集できる位のスペックのPCを持っていたなら、PLANET☆ROCKのPVを作っていたかもしれません・・・。

10:No Limit/Sowelu:2004
Sowelu – No Limit

Youtubeで数ある音楽PVを観てきましたが、
ベストPVを選ぶとしたらこの曲。
オープンカーを心地よく運転するSoweluさんをはじめ、
まったりとした世界観が好きです。
(しかし30代男性が聞く曲では無いと思う。^^;)

このPVに登場するSoweluさんが、どことなくうちの姉のイメージに近いんですよね。Soweluさんみたいな美人ではないけど^^;
(姉にSoweluさんのPV集をプレゼントしようかと思った事もあった。)
「自分の人生で大切な曲」というより、姉に向けての応援歌かもしれません。
(ネット上のどこかに、某新聞で姉が紹介されているページがあるのですが、
プライバシー上に問題があるので、リンクを貼るのはやめときます^^;)

・・・

前後編に渡りました「UQ18さん的ミュージックポートレイト」。
10曲を選びだす作業が本当に楽しかったです。
また色々と検索してみて意外な発見があったり。
あ、5:SWEET MAGICの代わりに選外となってしまった曲は、

Hollywood/Maynard Ferguson:1982

でした。
高校生クイズのテーマ曲で、一時期1000回以上は聞いたであろう曲なのですが、メイナードファーガソンの曲は前回の「スタートレックのテーマ」が入っているので、選外とさせて頂きました。

それではまた。


UQ18さん的ミュージックポートレイト(前編)

久しぶりに音楽の話を書いてみます。

NHKのミュージックポートレイトに触発されて(?)
こんな記事を書きたくなりました。

「自分の人生で大切な音楽を10曲選ぶとしたら?」

題して、UQ18さん的ミュージックポートレイト

私的に印象に残っている曲をつらつらと書き述べていきたいと思います。
(曲名/アーティスト名:リリース年)

1:Take on me/A-Ha:1985
小学1、2年位の頃に好きになった曲です。
当時、親がラジカセで洋楽を聞くことが多く、いつの間にやらA-haのテイク・オン・ミーが好きになっていました。
今思えば、生まれて初めて好きになった曲が洋楽だったとは意外~。
Youtubeで初めてPVを見たけど、コミックと融合していて面白い。

2:Teenage Walk/渡辺美里:1986
これは忘れもしない、小3ぐらいの出来事。
家族で近所のA&W(現・JEF豊見城店)に行くと、ジュークボックスで流れていたTeenage WalkのPVに衝撃を受けた。
大人になってネットで調べてみたら、あの曲が渡辺美里さんだった事に驚き!
(兄が渡辺美里さんファンだったのに調べるまで知らなかった。)

さらにYoutubeでPVを見た時はもう感激でした。
あのステップの女性が美里さん本人だった事とか、「痛い」とか「たおやか」の文字がちょっと笑いのツボに入ったりとか、いろんな発見があったけど、改めて見ても良PVには間違いありません。
作曲は小室哲哉さんだったのは後になって知りました。
My Revolutionも名曲ですね。)

後で知ったのですが、Teenage Walk歌詞のこの部分

悲しみ捨てるため たたずむビルの屋上(うえ)
最後のタメイキを せめて この歌に変えるよ
Teenage Walk

歌詞が岡田有希子さんの自殺に影響を受けているらしく、深いなあと思ったり。(調べてみたら、岡田さんが亡くなられた約1か月後にリリースされていました。)

3:Theme From Star Trek/Maynard Ferguson:1977
アメリカ横断ウルトラクイズのテーマ曲といったらこの曲。
メイナード・ファーガソンの「スタートレックのテーマ」です。

子供の頃から大好きだったウルトラクイズ。初めてウルトラクイズを見たのが第7回(1983年)で、クイズヨットスクールが最古の記憶。
2004年頃にこの曲が収録されたCDが発売された時は感激しました。
やはりメイナード・ファーガソンは偉大なトランぺッター。素晴らしいです。
Youtubeとニコ動には、ウルトラの映像を楽しみながらフルで聞ける動画があります。

4:Never Gonna Give You Up/Rick Astley:1987
小学校4年生くらいの時、那覇の国際通りを歩いていた時に聞こえてきたのがこの曲。強く印象に残ったのを覚えています。
リックアストリーの歌い方って、口の中に唾液が溜まってしまいそうに感じるのは僕だけ?
Rick Astley – Never Gonna Give You Up

あと、Take me to your HeartのPVもいいですね。おすすめです。
Rick Astley – Take Me To Your Heart

5:ね!/SNK新世界楽曲雑技団:1994
ザ・キング・オブ・ファイターズ’94イギリスステージの曲です。
KOFを代表する曲だと思います。
高校生の時、当時使っていたポケコンで、この曲を入力して音を出してました。
(KOF’94のサウンドトラックに「ね!」の譜面が載っていたため。)
個人的にはゲームミュージックの中でもトップ10に入る曲で、
当時は何度も聴いていました。イントロからノリノリでテンションが上がります。

長くなったので後半に続く。


カレンダー
10月 2022
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC