第4CPコアタイムとは?

アメリカ横断ウルトラクイズと昔の高校生クイズが好きな管理人が気ままに書き綴るブログです。
Answer×Answer Live!は糸目君、QMAはラスク使い。
好きなクイズ番組はQさま!
ブログではあまり音楽の話題を取り上げませんが、
PAX JAPONICA GROOVEさんとNegiccoのファン。Cargoさん、Kentaro Takizawaさん、Ryoheiさんの曲もよく聴きます。
2014年11月にOCN(ブログ人)から移転しました。

点取り占いブログパーツ
バックナンバー

Archive for the ‘全国高等学校クイズ選手権・高校生クイズ’ Category

高校生クイズ2017の感想 前編(2017/09/03)

白熱した高校生クイズ2017の感想です。
沖縄では9/3に放送。平年より早い二日遅れの放送で済みました。

今年もアメリカを横断し、アメリカ上陸後は各クイズを楽しむことができました。
決勝の早押しは最後の最後までもつれ、編集でポイント数を調整してない?と思ってしまう程(それはないでしょうけど)、白熱した決勝戦でした。
桜丘高校、優勝おめでとうございます。
(去年も本土上陸し、敗退時に頭ナデナデされてたあの子が優勝するとは。)
準優勝の開成はあの疑惑の問題の誤答が悔やまれますが、最後は上手いコメントを残してくれました。
3位の筑波大付属も「クイズのできる」女子チームが健闘したことで、面白さを引き立たせてくれましたね。

しかし、そこは日テレ。
過去最高に近い決勝戦でしたが、細かい事を言うと残念な編集が見られました。
過剰な煽りナレーション、クイズ中にスタジオゲストのコメントに移るなど、
またか。という感じなのですが、普通の編集さえしてくれればいいのに・・・。
決勝中のCM跨ぎも多く、そこまでして視聴率が取りたいのかと思ってしまいます。

それでも、今年はかなり面白かったと思います。
以下、長くなってますが、番組を見ながらメモっていたものにコメントを加えたものです。
(数字のあるものは高校生クイズ採点表風に)

—————————————————–
【全国大会1回戦】『東京(スタジオ)』
60校一斉早押しクイズ⇒人工知能に挑め出国チャレンジクイズ
・相変わらずの煽り風ナレーション。
ナレーターさんのチョイスに -5p。
「知の甲子園」時代の臭いを感じるナレーションは苦手です。
・カンチェンジュンガは過去問?
(高校生のみんな、過去の高クイVTRは大事ですよ!)
・人工知能?
「人工知能」と言ってますけど、ただのCGですよね。
(出題される問題がクイズ作家さんが考えた問題に感じる^^;)
でも「人工知能」という今のトレンドを演出に含めた所は +1p
・一回戦早っ!(わずか10分程度。-3p)
地元チームは敗退ですが映ってたのかすら分かりませんでした。
(一回戦敗退した子はお母さんに「あんた映ってた?」とか言われてそう。)
せめて最後の勝ち抜けチームが決まる場面はカットしなくても良かったのではと思います。
・勝ち抜けチームの少なさ(10チーム) -1p
今回は2回戦がいきなりロサンゼルス。成田どころかグアムまで削ったことで、一気に絞りこまれましたね。

【タイトルコール&スタジオ】
・スタジオコーナーいらーん。。

【全国大会2回戦】『ロサンゼルス』
ディズニー神経衰弱クイズ
・「出場校の情報はdボタンでチェック」見てないけど、これイイですね。
遅れて放送のためdボタンを押すとOTV画面にorz (ポイント無し)
・映画の映像が入ることによって、再放送の二次利用を難しくしてないか心配。
(ファミ劇で再放送できれば日テレの収入になるはずなのに。)
・早押しテーブルの絵は今回もディズニー。
やっぱディズニーの規制があるんだろうなあと。
(ライオンちゃん&クイズラテーブルが見たい。)
・日テレの安村アナ登場。
昨年のVTRを見て思い出しましたが、昨年も出てましたね。(記憶になかった)
ひょっとして、5代目総合司会として育ててるのかな?
・神経衰弱クイズの良い所は、早めに正解するようなクイズの強い高校でも、
パネルがある程度開かれるまでは勝ち抜けにくく、苦戦しやすい所。
・一度めくられたキャラクターの表示 +1p
子供向けには分かりやすいですね。要らんという人もいると思いますけど。
・「横一列休み」のパネル +2p
何だこのパネルは!横一列巻き添えで休みにするのは新しいですね。
・縄跳びのペナルティ +1p
パネルで縄跳びを引いてペナルティ。これも新しい。
(ウルトラのようにジェットコースターに乗る、後ろの馬にエサをあげる等、
動く必要のあるペナルティがいいですね。)
・出題された福田雄一さんは「勇者ヨシヒコ」の人ですね。
・CM前に次のクイズ(ウォータースライダー)の映像を入れて視聴者を引っ張る。
次のクイズ形式は事前に知りたくないなー。視聴率の為とはいえ。
・敗退の2チームの演出。 -1p
ナレーション&テロップが余計ですね・・・。
その夜、勝利チームは「ワールド・オブ・カラー」を楽しそうに見てましたが、
離れた場所でその様子を敗退チームに見せつつ、
安村アナが旅の想い出を聞きだす・・・そんなシーンも見たかった。

【全国大会3回戦】『ロサンゼルス』シックス・フラッグス・ハリケーン・ハーバー
巨大スライダー早抜けクイズ
・高校生に目隠し⇒目隠しを外して驚きの画 +2p
ちょっとした驚きの表情いいですね。目隠しはウルトラクイズ発祥^^
・ウォータースライダーを使ったクイズ +1p
高校生クイズ沖縄大会のウォーターヘッドスライディングクイズに似てますが、
距離がありますし、ちょっと違うかな?と思います。(僕としては新クイズ的な扱い)
防水の早押しボタンは沖縄大会の技術が培われている?
・迫力のある映像 +1p
ヘルメットに取り付けたカメラが表情&スピード感を出していて、良い画が撮れていたと思います。
・同じようなチーム編成の組み合わせ +2p
男女混合の新潟VS桜丘、名門校の開成VS灘など、実力伯仲の組み合わせになりましたね。
開成VS灘のとき問題のレベルが上がったような。
・早押しボタンの位置が絶妙
スタートで出遅れたなーと思ったら回答権を得て「あれっ?」と思ったり。
最後の直線で勢いが止まって、早押しボタンに届かない所が絶妙だなあと。
結構、回答権争いが楽しめましたね。
・新潟へユージの「付き合っちゃいなよ」
それは言わなくていい^^;

【イケメン&美女 注目の高校生】コーナー -3p
・いらーん。激しく要らないコーナー。
番組側が特定の高校生をプッシュするのは×。
普通に放送して、その中で視聴者が応援したい高校生見つけるのが本来の高校生クイズの楽しみ方だと思います。
(これも視聴率を上げるためなんだろうなぁ。)
・新潟・金井君、髙橋さんへ行ったインタビュー -2p
おいおいおい、全国放送だし、きっと周りに冷やかされるだろうし。
二人が大人になった時に見たら恥ずかしくなりそう^^;
(ウルトラが復活したとき、今の日テレならこういうのやりそう。)

【奇襲早起きレース】『ネバダ』
・「恒例の名物企画」
名物企画??と思いましたが昨年もやってましたね(すっかり忘れてた。)
・桝アナの「知力・体力・時の運(・想定外)」
「時の運」は高校生クイズなら「チームワーク」と言ってほしかった。
・起きない開成
全然起きない様子はちょっと可哀想だったかな。でもこれもウル・・高校生クイズ。

【全国大会4回戦】『ネバダ』
SL大声クイズ
・流れる景色の中でクイズ +1p
今世紀最後!ウルトラのシルバートンを思い出す風景。
蒸気機関車で行うクイズは雰囲気がいいですね。
欲を言うと、ウルトラのようにカメラマンが風景から高校生へ流れるようなカメラワークが欲しかった。(ボーナスポイント)
・さらに大声クイズをプラス +1p
昨年も大声クイズをやりましたが、今回はSLで大声。(常に改善!)
・一番に早起きしたのに・・・
早起き第1位だった仙台第二のアドバンテージはご当地問題。
しかし開成に正解され、「アドバンテージ意味ねええ」と声が出てしまった^^;
さらにファーストステージは仙台第二が敗退。1番に早起きしたのにorz
・疑惑
昨年の全国大会も列車の上でやりましたが、後ろのチームが最後まで残ったんですよね。
仙台第二も一番後ろの席。何となく配線の問題があるのかなと気になってしまう。
・英語のセカンドステージ
昨年の準決勝(決勝1st)も英語力が必要なクイズでした。
高校生クイズの全国大会は英語力が無いと勝ち抜けられなくなるのかな。
・敗退チームは途中下車
これも列車を使ったクイズならでは。敗退と同時に別れの時を迎えます。
明るく手を振る勝者、ホームで手を振る敗者。
ダミ声のナレーションが悲しみを・・・誘いませんorz
(編集を加藤就一さんにチェンジしてー!!)

【全国大会5回戦】『ワシントン』
抜き打ち!マナークイズ⇒早押しクイズ
・ネバダからワシントン
西から東海岸へ一気に飛びましたね。
(番組の地図では分かりにくかったけど)
・テーブルマナークイズ
マナークイズキター!第18回高校生クイズ全国大会の1回戦を思い出します。
番組で「新クイズ」と言っていたことは却下したい。^^;
・パンをスープに付けるのはマナー違反
そうだったのか・・・。(お店でやった事は無いですが)
・フィンガーボールのレモン
昔からの高クイファンには2828でしたね。^^;
解説の方、肉をフィンガーボールに付けたら「大違反」て(汗)
・開成から灘へのお肉渡し
マナー違反とされましたが、開成から灘へ手づかみでお肉を渡すシーン。
ライバル同士とされるチームの中の良さを感じました。 +1p
そういえばマナークイズは男子チーム不利な形式かも。
・桜丘のコメント +1p
マナー違反の無かった桜丘。「親に感謝しかない」のコメントは素晴らしいです。
・カーテンオープン後の表情 +1p
桝アナの掛け声でカーテンが開かれると、別室に早押しテーブルが4つ。
それを見た4チームのリアクションがいいですね。
・実力で抜ける筑波
漢字問題に正解し、勝ち抜けた筑波大付属。
マナークイズのアドバンテージがあったとはいえ、女子チームで早押しを抜けるのは素晴らしい。
・灘・開成のリアクション +1p
トランプ大統領が登場し灘の「えー!?」というリアクション。
そっくりさんだと分かった開成のへたれこんだリアクション、どちらもイイネ。^^;
・健闘した新潟
開成・灘との早押しに敗れた新潟。
早押し問題では実力校相手に厳しかったかなと思いますが、
近似値問題で追いついたのはナイスでした。生徒会コンビに拍手。
—————————————————–

時間内に書けなかったので、続きは後日にしたいと思います。
更新が無かったらゴメンナサイ。


余裕

先程ネットで確認したんですが、いまだに沖縄テレビさん(OTV)の高校生クイズの放送日が分からず。
高校生クイズの情報サイトさんでも未定のまま。

しかしまあ、高校生クイズの放送が終わった後で
放送日を確認するというこの余裕っぷり^^;

[追記]
本土から遅れること1週間後、9/17に沖縄で放送されました。1回戦が外でのロケ(マラソンクイズ)、今世紀最後!ウルトラのシルバートンを思い出させる列車上でのクイズなど、所々企画を工夫してるなと感じる所がありました。
決勝戦は途中でスタジオに入ることもなく(ただ合間に煽りナレーションは入ってしまったけど)、改善が感じられました。(いや昨年がダメすぎただけなんですけど。)
ニューヨークマンハッタンの新クイズ(バラマキから変えた)のもあり、僕の評価としては、桝アナ時代では一番だったんじゃないかと思います。(でもラルフ時代で1番の2006と比較すると、2006が好きかなあ。)あと灘高校、初優勝おめでとう。

海外ロケに変わって4年目。来年もアメリカ横断風で続くのなら心配無いんですが、
2018年以降、6年目からガラッと内容が変わってしまわないか、
そこは気になる所です。(知の甲子園路線は絶対阻止を!)


第36回高校生クイズ沖縄大会(2016/07/27)

突然ですが、第36回高校生クイズの沖縄大会を見てきました。

沖縄会場は波の上うみそら公園。イメージ通りの晴れ渡る青空と青い海。
灼熱の太陽が照りつける中でクイズが行われました。
(ちなみに撮影禁止の張り紙があったので写真撮ってません)

今年は全国一斉同時開催で、沖縄会場にも大型スクリーンが用意。
汐留の桝アナと全国11会場を生中継。
まるでズームインの中継を見ているかのように各会場の切り替えもスムーズで
さすが日テレだなあと思いました。
猛暑の中ライオンちゃんも登場し、高校生を盛り上げてくれました。
(あ、小島よしおさんも^^;?)

クイズの方はスマホを使ったクイズで、○×問題に予想問題、
アンケート問題、最後は70問三択クイズと全てスマホを使用したクイズでした。(ナナマルサンバツのSQUAREもタブレット機を使用したクイズをやってましたね。→高クイがインスパイアされたのか!?)

最後の三択クイズが終わった後、各会場のNo.1、
つまり全国大会進出チームを発表します。
沖縄県は今年も昭和薬科大学付属高校チーム。(やっぱりね)
確か女子チームだったと思います。
東京もそうですが、代表校に女子高がチラホラいて、
今年はかなり女子力・・じゃなくて女子率が高いのではないかと思います。

[追記]
全国を中継でつないだ初の高校生クイズ。
関東大会に人気のゲストが集中し、地方だとテンションが下がることもよくありますが、中継でつなぐ事によって、乃木坂46や超特急のライブをはじめ、人気芸人のコメントなど全国で共有することができて良かったのではないかと思います。
(桝アナが関東大会ではなく汐留から中継していたので「汐留かよ!」と内心思いましたが^^;)
沖縄では所々で音声が(1~2秒位)途切れることがあったのですが、
それは来年以降の改善につなげて欲しいです。
(そういえば、近くの売店らしき所から電気のコードを引っ張ってきたようだけど、大型スクリーンの電力供給のためかな?それなりの電気を使える会場ということで、うみそら公園を選んだのかなあとか思ったり。)

スマホを使ったクイズは、まさか全部の問題をスマホで答えていくとは。
○と×の大移動とか、動きがあった方が番組的に画になると思うのですが、
全部の回答を集計することによって、回答率や全国順位、会場順位を瞬時に出せるようになったのはメリットだと思います。
(得点も表示して欲しいという高校生もいたようですが、得点を表示すると同点の場合にクレームが付きやすいからダメ?^^;)

あと、今年も居ましたライオンちゃん。関東大会にもいたようですが、全国11会場でライオンちゃんの分身を用意していたのでしょうか?(影武者!?)そうだとしたらちょっと驚き^^;

全国大会は今回もアメリカ横断のようで、女子チーム多めのメンバーでどうなるのか気になる所ですが、アメリカ横断ウルトラクイズを感じられる大会になってほしいと願います。(昨年の決勝戦、CMを意識した編集、テロップにはがっかりしました。桝アナ時代で文句なしの1番になれるはずが・・・)


こんなQさま!が見たい(妄想)

チラ裏のコーナーです。
ちょっと前にTwitterで、こんなつぶやきをしました。

-こんなQさま!が見たい-

福留功男率いるウルトラインテリ軍団(アメリカ横断ウルトラクイズ軍)
.                     VS
桝太一率いるクイズラインテリ軍団(高校生クイズ軍)
ババーン!!

局が違うだろ!
トメさんが出る訳ないだろ!
というツッコミは置いといて^^;
妄想を続けますと
.

ウルトラインテリ軍団メンバー(アメリカ横断ウルトラクイズ軍団)
①徳光和夫(ウルトラクイズ初代敗者の味方)
平田由佳(第12回ウルトラクイズ・フェゴ島進出)
③石川牧子(スタジオ初代総合司会)
④松尾清三(第1回ウルトラクイズ優勝)
⑤渡辺正行(ウルトラクイズ2代目敗者の味方)
⑥永田喜彰(第13回ウルトラクイズ準優勝)
瀬間康仁(第12回ウルトラクイズ優勝)
⑧能勢一幸(第15回ウルトラクイズ優勝)
⑨長戸勇人(第13回ウルトラクイズ優勝)
⑩福留功男(ウルトラクイズ初代出題リポーター)
.

妄想が楽しい^^;
一応基準としては、オファー出したら出演してくれそうな方を選びました。
まあ留さんは出ないと思いますけど^^;
徳さんはトップバッターの①番で気楽に。
②番はウルトラ挑戦者の女性代表で平田さんことカメちゃんを選びました。
③番石川牧子さんはぜひ出演して欲しい^^;(ラジオなら数年前のたまむすびに出演されてましたがテレビもOKのはず。)
④番松尾清三さんは実力はありますけど、あえて楽な位置に。
⑤番ナベさんはQさま!出演経験があるので実際にオファーされそう。
⑥番とうちゅうさんこと永田さんはメンバーから外せない。
⑦番瀬間さんは第11回の稲川さんと最後まで迷ったけど、マンオブの結果で^^;
⑧番はマンオブシニア優勝の能勢さん。実力的に⑨番もあり。
⑨番は歴代ウルトラで最強の優勝者だと思う長戸さん。でもQさま!では苦戦しそう?
⑩番はミスターウルトラクイズの福留さん。オファーしても出てくださらないだろうなあ^^;
⑩番のトメさんを楽にするために⑥~⑨メンバーはガチで選びました。
というかもう、このメンバーが出てくださるなら
ウルトラファンなら永久保存版でしょう。
.

対するクイズラインテリ軍団は
.

クイズラインテリ軍団メンバー(全国高等学校クイズ選手権軍団)
①福澤朗(高校生クイズ2代目総合司会)
②浅越ゴエ(第11回高校生クイズ全国大会出場)
③山崎弘也(Qさま!特別枠)
④篠原かをり(第31回、第32回高校生クイズ全国大会出場)
⑤中田敦彦(第26回~第28回メインパーソナリティ)
⑥大前剛志(第6回高校生クイズ優勝)
⑦水上颯(第32回高校生クイズ優勝)
伊沢拓司(第30回・31回高校生クイズ優勝)
⑨宇治原史規(第30回高校生クイズメインパーソナリティ)
⑩桝太一(高校生クイズ4代目総合司会)
※スタジオ内で着ぐるみのクイズラが応援
.

これまた強力なメンバーだこと^^;
①番はウルトラインテリ軍の徳さんに対し、2代目総合司会・福澤アナというビッグネームで対抗。
②番は第11回高クイで岡山県代表で出場したザ・プラン9の浅越ゴエさん。
後半が強すぎるので③番にザキヤマさん。実際にQさま特別枠でありそう^^;
④番は紅一点の篠原さん。他にQさま!に出演してくれそうな高クイにゆかりのある女性が思い付きませんでした。
(第29回、30回メインパーソナリティの菊川怜さんを入れる手もありなんですけど)
⑤番にオリラジあっちゃん。頭の良いあっちゃんでも前半⑤番の位置。
※④番⑤番入れ替えました。
⑥番は高校生クイズストーカーこと大前さん。私がプロデューサーなら是非オファーしたいです。(3haimeさんは録画したら永久保存版ですね^^;)
⑦番は頭脳王の水上さん。番組的に絶対オファーするだろうな~。
⑧番は高校生クイズ2大会優勝の伊沢さん。QUIZJAPAN全書・伊沢さんの本も宣伝OK!
⑨番はQさま!のエース宇治原さん。⑦番水上さんと同じチームだった
青木寛泰さんを入れる案もあったのですが、青木さんがクイズは引退されたようなのと、青木さんが⑨番なら後半⑥~⑩が東大出身が集まって強すぎるので、
最近不調の宇治原さんをメンバーに加えることにより、ウルトラインテリ軍との戦力のバランスを整えました^^;;
そして⑩番は4代目総合司会、東大大学院出身の桝太一アナ。
ああこれ、ガチで強すぎるメンバーですね^^;
放送日マダー!?って言いたくなる程、夢のQさま!ですね。

おまけ
スタジオの脇には着ぐるみのクイズラが応援。
私が放送作家ならザキヤマさんがクイズラに絡む場面を台本に入れます^^;


日本一遅いかもしれない高校生クイズ2014の感想

内地から遅れること9日。
やっと沖縄でも高校生クイズ2014が放送されました。

今年の全国大会の舞台はアメリカ。決勝地が「ニューヨーク」であるように
「アメリカ横断ウルトラクイズ」を意識していた大会でした。
○×ドロンコやマラソンクイズなど、ウルトラクイズでおなじみのクイズが
登場していたことや、次の行先紹介があったのも(雰囲気は違うけど)懐かしかったり。
ウルトラファンなら一度は思ったことがあるかもしれない
「高校生クイズとウルトラクイズのコラボレーション」が少しは実現できていたかと思います。

全国1回戦は東京ですが、2回戦がハワイ、3回戦がハリウッド、
4回戦がテキサス、準決勝・決勝がニューヨークと、短い2時間半にしては
まずまずのチェックポイント数。(CPとは違うか)
「知力の甲子園」の時代のように1回戦勝ち抜け数が8チームとか、
昨年のように放送開始5分で全国1・2回戦が終わっていたという事もありませんでした。
トータルすると、桝アナ時代では一番良い大会だったと思います。
(知力の甲子園が嫌いなので第31、32回は見てないんだけど。)

決勝戦では横須賀高校がリーチまで行ったのだけど、誤答してから固まっちゃいましたね。ただ、洛北の追い上げは凄いものがありました。
残念なのは、その白熱した決勝戦に水を差す編集。
決勝中に何度もCMに入って、思わず「大家族クイズか!」※とツッコんでしまったし、余計なナレーションが最悪でした。ホント最悪。
いちいちナレーションで煽る必要があるのか?
ナレーションの方に悪意はありませんが、不快を感じる位に邪魔でした。

僕はウルトラクイズを復活して欲しいといつも願っていますが、
ウルトラの決勝でこんな編集をされたら怒りが収まらないですね。
少なくとも、この編集スタッフではウルトラクイズを作ってはいけない。
あらためてウルトラの編集はテレビマンユニオンじゃないとダメだなぁと感じたのでした。(まあウルトラの復活は無いでしょうけど。。。)

それでも面白い大会でしたので、久しぶりにVTRを見ながら
何回かに分けて感想書いていきたいと思います。(え?)
昔やってた高校生クイズ採点表のように、プラスマイナスで点数を付けたりして、来年の高校生クイズの制作に参考にしてもらえたらいいなと思います。
(全部書き終える前にブログ引っ越ししてるかもしれませんが)

※補足
2008年の「大家族クイズ」で、ファイナルステージの最中に3回もCMに入った時の事を思い出してしまいました。
(あの時は3択クイズでCMで入って裏番組の視聴率をアシスト・・・。)


カレンダー
10月 2022
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC